用語集

宝塚用語の基礎知識として主観ですが用語集を作りました。
コレがわからないなどありましたらメールフォームからご連絡ください、可能な範囲で反映していきたいと思います。

Contents

あいさつ:挨拶

1.初日・千秋楽の組長およびトップスターの挨拶 
2.貸切公演などの挨拶
3.退団のセレモニーにおける退団者の挨拶

あいしょう:愛称

生徒一人一人が芸名のほかに持つ呼び名。

あどりぶ:アドリブ

台本にない台詞や動作を舞台上で演じること。
一般的に即興で演じることを指すが打ち合わせの上演じることもる。千秋楽などはお遊びとしてのアドリブが多い。

エトワール

ショーのフィナーレで一番最初に大階段をおりてくる歌手(主に娘役)のこと。

えんしゅつか:演出家

脚本に従い演技や効果の指示を与える人
宝塚歌劇団では基本的に座付きの演出家が脚本、演出を手がけるが歌劇団の外から脚本・演出を迎えることも有る。

お衣装

いわゆる「舞台衣装」のことをお衣装と言う。

おおかいだん:大階段

「おおかいだん」とよむ主にショーのフィナーレで使われる文字通り大きな階段、26段ある。フィナーレではスターが次々とこの階段を降りてくる。ダンスなどに使われる場合も多い。因みに地方公演などでは5段~10段の「小階段」(非公式な呼び名です)が使われる場合もある。

おちゃかい:お茶会

いわゆる「会」が主催する、スターを囲む集い。トークショー+親睦会のような物。
規模はホテルの宴会場から喫茶店の片隅まで様々。

おーけすとら:オーケストラ

舞台と銀橋の間のオーケストラボックスの中にいるオーケストラの人たち・その演奏。
宝塚大劇場・東京宝塚劇場では基本的にオーケストラの生演奏を使用。開演前に指揮者が客席に向かい礼をする。

おとこやく:男役

男性の役を演じている宝塚の生徒。
音楽学校在校中に身長、声域、本人の希望などにより男役と娘役に振り分けられるが、途中で娘役に転向する場合もまれにある。

おとめ

「宝塚おとめ」の略

おんなやく:女役

女性の役を演じている宝塚の生徒。娘役という表現を使う場合が多い。
男役が芝居、ショーなどで女性の役を演じる場合は女役と呼ぶ場合が多い。

おんがくがっこう:音楽学校

→宝塚音楽学校

がーど:ガード

生徒の出待ち、入り待ちの際混乱が起きないようにファンクラブ(会)のメンバーが一般ファンと生徒の通り道の間に人垣を作ること。

かい:会

生徒個人にあるファンクラブのこと。
歌劇団側は正式には公に認めていないが勢力は大きい。

かいがいこうえん:海外公演

各組選抜メンバーなどで編成されたグループで海外の劇場で公演すること。

かげき:歌劇

1.宝塚歌劇のこと。
2.毎月発行される歌劇団発行の雑誌。大正7年8月発行。

かしきりこうえん:貸切公演

ぎんきょう銀橋

オーケストラボックスと客席の間にある通路状の舞台(エプロンステージ)

きゃとるれーう゛:キャトルレーヴ

宝塚関連グッズを扱う専門店。
東京、梅田、宝塚、名古屋、福岡などに店舗がある。

くみ:組

花、月、雪、星、宙の各組のこと。

くみこ:組子

各組を構成する生徒のこと。

くみちょう:組長

各組の最上級生、組子の指導者として下級生の面倒をみる。

げいめい:芸名

音楽学校在校中にそれぞれが命名する本名以外の名前、歌劇団入団時から使用する。 
親や恩師につけてもらう人も多い。
創設当初は小倉百人一首から名付けられていたが現在は制約はない。親子二代、三代に渡り同じ芸名を使う生徒もいる。

けんきゅうか:研究科

音楽学校の本科、予科に続く歌劇団員の呼び名。入団と同時に研究科一年(研一)となる。
これは宝塚歌劇団は音楽がこうを卒業しても生徒であると言う意味合いも持つ。

こいんろっかー:コインロッカー

大劇場では劇場内とほか施設内数カ所、大きなサイズもある、東京宝塚には小さなサイズの2種類のロッカーがある入りきらないモノはフロントで預かりがある。

こばやしいちぞう:小林一三

阪急電鉄の父ともいえる人物。宝塚歌劇団創始者。

さいえん:再演

かつて宝塚歌劇で上演した演目を再び上演すること。
再演を重ねられている作品の代表としては「ベルサイユのばら」「うたかたの恋」「エリザベート」など

さばき

余った、観劇できなくなったチケットを劇場近辺で定価(またはそれ以下の)値段で個人的に売買すること。チケットを持っている人はチケットを見せている。ファンの良心によって受け釣れているシステムだったが昨今は警察からのお達しなどもあり劇場近辺でチケットを売買することは難しくなってきている。

さよならこうえん:さよなら公演

スターの退団する公演。

さよならしょー:さよならショー

スターの退団に伴い最後の大劇場公演、東京宝塚劇場公演の千秋楽などの終演後に催される特別のショー。

しんじんこうえん:新人公演

主に研7以下の生徒が大劇場公演(及び東京宝塚劇場公演)の演目を演じる公演。毎公演ほぼ一回上演される。一本建てのお芝居等の場合ダイジェストになって上演される場合もある。

しゃんしゃん:シャンシャン

フィナーレのパレードで大階段を下りてくるときに手に持っている小道具のこと。

しゅえんおとこやく:主演男役

いわゆるトップスター、公演に主演する男役のこと。一時期こういう表現を多々見掛けたが最近私は見かけない。

しょー:ショー

1.音楽やダンスで構成される視覚的要素のつよい作品。
2.主に芝居と二本立てで上演されるレビュー

すたー:スター

1.主に各組のトップスター、娘役トップスター、2番手スターのこと。
2.宝塚歌劇の人気生徒

すみれこーど:すみれコード

宝塚では表現できない(してはいけない)演出や台詞のこと。

すみれのはなさくころ:すみれの花咲く頃

昭和5年上演のパリゼットの主題歌として使われた曲。
「パリ」ゼットの主題歌だが原曲はドイツ語。
宝塚のテーマソングともいえる曲。

せいと:生徒

宝塚歌劇団に所属する女優のこと。
宝塚音楽学校の生徒のこと。

せり:セリ

舞台の一部を切り取りその部分が上下する仕掛け。

せんか:専科

各組に所属しない一芸に秀でた生徒の集団。主にベテランの上級生、トップ候補生などが所属。組の枠にとらわれずに公演に出演する。

せんしゅうらく:千秋楽

公演期間の最終日の公演。
終演後組長とトップスターの挨拶が有る。スターの退団ではさよならショーが併演されることもある。
通称:楽

たからじぇんぬ:タカラジェンヌ

宝塚とパリジェンヌを掛け合わせた宝塚の生徒たちにつけられた呼称。

たからづかおとめ:宝塚おとめ

年に一度発行される宝塚歌劇団の生徒名鑑。各組ごとにわかれたハンディおとめと言う冊子も有る。

たからづかおんがくがっこう:宝塚音楽学校

宝塚歌劇団の出演者を養成する学校。歌劇団の生徒になるにはこの学校を卒業しなければならない。
受験資格は中学校卒業~高校卒業(15歳~18歳)の女子。高校に在学しない宝塚浪人は認められない。

たからづかすてーじあるばむ:宝塚ステージアルバム

年に一度発行される1年分の全ステージの写真と解説を掲載した本。

たからづかくりえいてぃぶあーつ:宝塚クリエーティブアーツ(TCA)

宝塚歌劇のCD、ビデオなどの制作販売、バウホール公演や東京特別公演の運営など宝塚歌劇関連ビジネスを行う会社

たからづかだいげきじょう:宝塚大劇場

平成5年に開場した宝塚歌劇の専用劇場。2,527席。年間10公演が行われる。
旧宝塚大劇場は大正13年開場、平成4年閉鎖。

たからづかとものかい:宝塚友の会

昭和9年発足の宝塚歌劇のファンクラブ。会員向けの貸切公演などもある。プレイガイドよりも早くチケットの予約の受付が有る。

たからづかばうほーる:宝塚バウホール

宝塚大劇場に隣接した500席の小劇場。
各組選抜メンバーでの公演、発表会、コンサートなどが開かれる。外部への貸し出しも行っている。

たからづかし:宝塚市

兵庫県南東部に有る人口約20万人の都市。
宝塚歌劇団、宝塚温泉などがある観光都市である。

たからづかすかいすてーじ:TAKARAZUKA SKY STAGE

スカパー!(110度CS)で放送されている宝塚歌劇専門チャンネル

たからづかふぁみりーらんど:宝塚ファミリーランド

創業明治44年の遊園地、当時は宝塚新温泉という名称だった。この温泉内のパラダイス劇場で宝塚歌劇の最初の公演は行われた。平成4年の旧大劇場閉場までは園内に劇場がある形だったが現在は劇場一帯は入場無料にり有料エリアにも宝塚大劇場、バウホールの入場券で当日に限りファミリーランドにも入場できたが残念ながら2003年惜しまれつつ閉鎖された。
珍しいホワイトタイガーがいた。

たからづかせんでいずげきじょう:TAKARAZUKA1000days劇場

東京宝塚劇場工事中に仮設された宝塚歌劇東京公演用劇場 2000年12月閉鎖。現在その建物は無印良品とロフトになっている。

だふや:ダフ屋

劇場前などでチケットを定価より高い値段で売る事、またはその人。

だぶるとりお:ダブルトリオ

舞台両脇で(主に)スタンドマイクを使って三人ずつに分かれて歌う事またはその人達。

だるま

ショーなどで使うレオタード型の手足の露出される衣装、羽根を背負う場合も多い。

とうきょうたからづかげきじょう:東京宝塚劇場

平成9年に閉場された東京日比谷に建てられた劇場。昭和9年開場。
2001年に新劇場として開場。

ならび

チケット発売当日に購入のために文字通り「並ぶ」こと
かつては劇場売り出しの事をさしていたが現在はプレイガイドなどに並ぶ事を言うらしい。

はつぶたい:初舞台

宝塚音楽学校を卒業、歌劇団入団後初めての舞台出演のこと。
毎年春の公演で披露口上とラインダンスが行われる。

はなのみち:花の道

宝塚駅前のソリオ一番館前の信号交差点から阪急今津線ガード下あたりまでのびている桜並木のある堤防跡。道路中央に一段高くなる形で道がある。

はなみち:花道

本舞台の両脇に斜めにのびている通路状の舞台。

ぱらだいすげきじょう:パラダイス劇場

宝塚大劇場の前身、温泉プールを改築して作られた。
大正12年焼失。

ぱれーど:パレード

1.ショーなどの最後に出演生徒全員が音楽に合わせて大階段を下り、銀橋に出てきて挨拶をする場面のこと。
2.スターが退団の際、千秋楽終演後楽屋口から車に乗り込むまでファンに挨拶しながら歩くこと。

ふぁんくらぶ:ファンクラブ

1.宝塚友の会のこと。
2.生徒個人の私設ファンクラブ(=会)のこと。

ふぃなーれ:フィナーレ

芝居、ショーなどの最後の場面、歌やダンスで綴るショー形式になっている。
最後は出演生徒全員のパレードで締めくくる。

ぷろぐらむ:プログラム

公演毎に発行される出演生徒全員の写真、作品のあらすじ、解説、スターのインタビュー等が掲載されている冊子。

ぼん:盆

回り舞台とも言う、主に舞台の中央に位置する回転する舞台。
演出上の効果だけでなく場面変換にも効果を発揮する。

ほんぶたい:本舞台

劇場正面の舞台、花道や銀橋と区別して使う表現。

みどりのはかま:緑の袴

宝塚歌劇団、宝塚音楽学校の生徒の礼装。少し丈を短めに着るのが特徴

みゅーじかる:ミュージカル

音楽を中心とした芝居。
輸入物の作品も多い、最近では「エリザベート」「ME
AND MY GIRL」「スカーレットピンパーネル」「ロミオ&ジュリエト」などがある。

みらーぼーる:ミラーボール

舞台前面中央部に取り付けられている全体に鏡を張り付けた球状の吊り物。
回転するミラーボールにライトをあてることで劇場全体にキラキラとした光が舞うことになる。

むら:ムラ

宝塚大劇場及びその近辺のこと。

むすめやく:娘役

男役に対して「女性」を演じる生徒のこと。

らいんだんす:ラインダンス

ダンサー達が一列になって踊る踊り、一糸乱れぬ足上げが特徴 =ロケット
宝塚では主に下級生が中心になる。

る・さんく:ル・サンク

公演毎に発刊されるステージ写真集。権利上の問題がなければ公演の脚本が掲載されている。

ろけっと:ロケット

=ラインダンス
ロケットと言う名称はニューヨークのラジオシティ・ミュージック・ホールのダンスチームが由来




Honya Club.com
チケットぴあ


公開日:
最終更新日:2014/04/07




Honya Club.com
チケットぴあ
IMG_2167
宝塚はなぜ女性だけなの?

根本的な疑問を久々に投げかけられました。 そもそも、という話では三越

IMG_2167
宝塚はなぜ女性だけなの?

根本的な疑問を久々に投げかけられました。 そもそも、という話では三越

IMG_2167
年末のご挨拶

すみませんいつ以来でしょう? 今年はムラ遠征で、エリザベートが一回と全

cropped-kageki1.jpg
このサイトの方向性

ブログを併設して結構経ちましたが、もともと初心者のためというのと宝塚と

102895-2
で、トップ娘役はどの役だったの?

こんにちは、久々に観劇に行ってまいりました 1789―バスティーユの

→もっと見る

PAGE TOP ↑