ざつだん

怪しい新聞屋 

投稿日:

今うちのドアホンが壊れていて、外に音声が聞こえない(多分子機のスピーカーの故障)状態です。
すぐに付け替え予定ですが。

というわけで、ドアホンが鳴ったら画面は確認するのですが明らかに怪しい場合以外はドアから顔出して対応になっている恐ろしい日常です。
で、本日の出来事。

広告

ドアホンが鳴って夫が対応、しかし玄関の方から夫の声で「うちは東京新聞ですけど?」
と聞こえ、新聞は私担当なのでちょっと顔を覗かせる。
私「誰?」
夫「朝日新聞さんだって、いつもの人?」
私 首を振る
怪「主任なんです」

??????????????????????????
怪「東京新聞はどういう契約になってますか?」
注:ちなみにうちは朝日の売店から東京新聞をお願いしています、この界隈では他に扱いはないです。

いや、相手の契約の内容知らずに訪問する販売店の主任なんていないでしょう。
まぁ配達と集金のお兄ちゃんはわからなかったので後日確認してくれましたが。

私「すみません、身分証はお持ちですか?」
怪「最近警戒されるんでつけてないです」
私「であなたは誰ですか?」
怪「主任なので」

話の交わるところがないーーーーーーーーーーーーーー

私「いやお名前をご確認したいんですけど、身分証をつけてない方はこちらとしても信用しませんよ」
怪「そういう慎重なのも大切ですよ」

でフェードアウトどこかにご退場されました。

これ、夫だけだといつもの売店さんだと思うし、私だけだとやはり怖いし。
勘弁してくれよぉ
多分なにがしかの下見でしょう。
販売店さんにも確認しましたが「うちは身分証なしでお客様の家に訪問しません」とのことでした。
当たり前だ。
ついでに警察にも連絡するべきだったか?

というわけで、どちらにしても付け替えるドアフォンはピンポンしたら録画の機能付きです(苦)
そしてその怪しい新聞屋さん(自称)が歩いて行った方向のお宅には、常に防犯カメラが作動しているお宅があるので、何かあってもすぐ面が割れますよー
(実は以前、そのカメラのおかげで近所の空き巣の犯人が捕まっています)

まぁ何もなければ良いのですが。
あと新聞屋さん集金にしてもらっていて良かった。
そうでないと下手したら担当者知らないもんね、不便なのも時には役に立つ。

皆様もお気をつけください。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

-ざつだん

Copyright© ウレル女BLOG , 2017 AllRights Reserved.