ざつだん

あなたの年賀状を早く正しく綺麗に届けるためには2012年改訂版

更新日:

この記事の改訂版があります
*あなたの年賀状を早く正しく綺麗に届けるためには(13年12月version)

昨年末に書いたものを改訂したものです。
今年は年賀のバイトをしていないので内部事情はわからないけどまぁこんなものでしょう。
基本的には東京都内の普通局(今は支店ってのか?)での体験から書いてます。

年賀状の基本的な「差し出し局」での話を書きます。
基本的にはポストの年賀投函口に投函されたものすべてと郵便局の窓口に差し出された年賀郵便物を扱います。
投函されたもので年賀状じゃないものは人力で分別します。年賀受付が始まる頃からポストの区分に注意してくれると…助かります。
ちなみに間違えて投函された普通郵便は年賀の係りの方でより分けて通常のルートに乗せます、なので若干の遅れが出る可能性は否定できません。
よくゴムや紐で年賀状をまとめていただくことがありますがまとめてあっても上下裏表バラバラだったりするとそれを揃えなおさないといけません_| ̄|○
取り揃える側としては上下裏表揃えて輪ゴムでまとめてもらうと助かるなぁと感じました。

基本、年賀状は基本的に機械で区分します、機械が読んでくれないと人力で登録したりそれでもダメだと人力で区分けします。
機械が読めないのは…読めない字のもの…達筆過ぎたり幼すぎたり、郵便番号が枠からズレたり、宛名面に宛名住所以外の数字があったり…です。
あと立体的なシールなどが貼ってあると機械にかけられません。和紙はがきなんかも機械にかけづらかったりしますがこのあたりは取り揃える段階で避けてるのでまぁなんとかなるでしょう。

50円で送られるのははがきだけです、かたちが違ったり素材が木材とかだと別料金がかかります。

宛先不明とかで戻ってきた郵便物の切手は役割を終えてます、住所を書きなおしてそれをそのまま投函とかしてはダメです。
50円切手を再び貼れば送ることは出来ますが、もう一度書きなおすことをお勧めします。
あと↑の場合宛先不明とかハンコ押されてるのでそれを修正テープなどで消して…ってのも相手に失礼だと思うんですけどねぇ…

年賀状が手元に届いたら自分の住所録と付きあわせましょう。
郵便番号が全然違ったり、住所がミョーなことになったりしていないかチェックしてください。

実は年賀状を書かないおばの住所がかなり古い形式のものでいい加減変わってるだろうと思って調べたら三年前に住所表示の変更が有ったようです。
今年は投函してから調べましたが(何やってるんだよ)住所が変わったと言ってこなくても表示の変更がある場合があるので必ず最新情報をチェックです<相手から賀状がないと私みたいなことになりますが

というか そろそろ出そうね年賀状 大晦日とかに元日に付く方法探してここにたどり着いてちゃおそいから!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

-ざつだん
-

Copyright© ウレル女BLOG , 2018 All Rights Reserved.