みたものきいたもの

*宝塚2013-2 南太平洋@日本青年館

更新日:

割と典型的な「突然感情を歌で表現するミュージカル」です。

懐かしい…なんて懐かしい
もうね、上演を知った時から「これは観る!」だったのに友の会の入力の日を忘れてて…
でもまぁなんとかチケットとったら今日初日だったんですね。

「専科の轟悠」はいつぞやの日生劇場風と共に去りぬ(ちなみに花組バージョン)以来です。
夢中で夢中で宝塚を観ていた頃下級生~中堅だったのが3→2番手になりトップ
なんともなんとも

南太平洋は前回、と言っても1984年にバウだから次の年に名古屋だったのかな?も観ていてウタコさんの演技が今でもほわーーーーっと頭に残っています。
当時はビデオなんて出てないし、海外ミュージカルだから関テレの放送もないし確かカセットテープでの実況が発売になっていた気がします。レコードは出ませんでした。
ただ、映画館で見ました。
そのサントラのレコードも買いました。
レコードが傷んだのでCDも買いました。
なんかはまってしまったんですよ。
ちなみにこの南太平洋の上演の時確か他にオクラホマと、回転木馬だったかな?との連続上演で。
ナツメさんとネッシーさんだったかなぁ?
なんとも懐かしいはなしで。
(しかし今はいい時代なので出てるんだなこの公演のDVD→南太平洋 星組シアター・ドラマシティ公演
icon

後にあれって99年かな?青山劇場で滝田栄・一路真輝の上演を観に東京まで一泊二日しましたね。
この時の上演はCDが出たので買ってます。
でもなんだろう?なんか私の中でしっくり来なくて
という感じでしばらく扉を閉めていたんですが やっぱり観るったら観るでした。

さて本題
広告

今回「現代的に演じてる」という話が耳に入ってきていて 大丈夫かな?と思っておりましたが。
確かに現代的というか斬新というか…なところは有りましたが概ねOKでは?と安心しました。
大きく印象的なのは装置 トニー賞にもノミネートされたことのある松井るみの手がけたもの。
ディトゥ・モアで子どもたちが階段を歌いながら降りてくるのがとても可愛らしく、あぁこういう使い方もあるのかと。
全体的にテンポよくうん、まぁ現代的かな?
ネリーの歌声にもう一寸艶が欲しいなぁと、妃海風を意識して観た覚えがないのだけど多分こんなに真ん中で歌ったり踊ったりしたのは初めてなんじゃないかなぁと善戦していたとは思います。
ケーブル中尉真風涼帆もう一寸演出的に活かせたんじゃないかな?背が高いですね、今後出てくる人なのかな?
何しろ最近私自身が遠ざかってる(T_T)
この作品のお楽しみルーサー・ビリス美城れん私は好きですね。
ブラッディメリー英真なおき ほうと思う配役でした。
しかし、舞台版での「ハッピートーク」の扱いって…
もともとがこの形なんでしょうが、ほら映画版の壮大な海のシーンが素晴らしすぎて何かイイ方法無いのかなぁ?
リアットの綺咲愛里は可愛かったとにかく可愛かったこの役ってどれだけ可愛いかがかなり勝負ですからちなみに前回は仁科有理

轟悠はね 悪くない 悪くないけど 私の頭のなかにいるのはウタコさんなんだ。
当時ウタコさんが35歳だか38歳だかの役をやることについて演出家が何か書いていた気がするけど何しろ私も中学生だったのではっきり覚えていない。
宝塚の生徒(理事だけど)の年齢を言うものじゃないけど轟悠は今その年齢を超えていて、なんだろう?
頑張って醸しだした色気的なものを感じない。色気は既に持ち合わせてる感じ。
あとこの役には「過去」があるけど「過去ありますが何?」的な。
演者の問題というより演出の問題な気もする。

あぁそういえばシャワーシーンがなんだかうんえっとなんだろう?
あそこのシーン大好きで出来れば本水使って欲しかったなぁ。
私の10~20代の頃激しく落ち込んだ時はあのシーンの「あの人を洗い流そう」を聞きながらお風呂に入るが定番でした。

この物語の私が一番、毎回泣いてしまうのがブラッディメリーがリアットを連れて「中尉さん」のところに来るけど…でリアットをネリーが抱きしめるところ。

そしてこのお話のラストはレードルをエミールが受け取る所でというのが(これ観てない人にはなんのことやらですね、まぁ全体的に書いてることがそんな感じですが)これだけはどんなに変わっても受けついでほしいなぁと。

まぁなんだかんだ書いているけど総じてもう一度ぐらいは観たいなぁと思っている次第で。
…まだチケット有るみたいですよ、リピーター割とかやってますよ。当日劇場内で次のチケット買うと劇場内で使える金券くれるそうですよ。買うつもりのある人は劇場入ってすぐ買ってそれでプログラム…買えるのかなぁ?(4/5現在)

ところでこの作品2008年にブロードウェイでリバイバルされているのだけど。
今回「敵国が日本」な設定(ってか事実?)がまるっきり無いのは宝塚の演出?リバイバル版の演出
そこ、非常に気になりました。
女ほど素敵なものはないの中に「東京ローズ」なかった気がするけど自信は無い。

南太平洋 星組シアター・ドラマシティ公演DVD
icon

あーーーーーーーーーーーーーーーあとサンクスギビングの停電もなかった!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

-みたものきいたもの
-

Copyright© ウレル女BLOG , 2019 All Rights Reserved.