子宮内膜ポリープ手術体験談

なんだか子宮内膜ポリープを切除することになりまして7(手術翌日・退院)

投稿日:

さて、手術翌日退院日

起床

朝、多分6時台にナースがやって来ました。
起きてましたけどね。

点滴は前の晩から続行のまま
検温や血圧測定、トイレはどうだったかなど聞かれました。
とにかく違和感があると言う事を伝えました。

診察の後でOK出たら食事できると言うこと。
なんとなーく荷物を整理しながら
ぼけっと過ごしてました。

診察

診察ですと呼ばれて
下のフロアまでまた行くのかと思っていたら
病棟フロアに簡易的な診察室が有りました。
なんだか無機質な空間な空間
例のウイーンと足を広げられる椅子へ
やっぱりこの椅子での診察はなんとなく嫌な感じ

「大丈夫ですね、次回2週間後くらいですがいつにしますか?」
日程をいくつか提示されました。
て、手帳今持ってないし!
と思いながらも決定、
ここで正式に退院が決まりました。

診察

ベッドに戻ってから点滴を外して
遅めの朝食を取り

 
着替えたり
本格的に荷物を作ったりしました。

退院用の手続きやレンタル終了の書類を記載。
レンタルは後日請求書が郵送されてくるとのことでした。

最後、ナースと忘れ物ないかと確認したら
術前に脱いだ下着が棚から発見されました、
あー脱ぎっぱなしだったかも
ナースが入れてくれてたのね

支度が済んで
ナースに先導されステーションに挨拶
「みちるさん退院です」とコール(??)され
こういうものか?と驚きましたよ。

エレベーターで1回に降りて
精算機で精算
よく分からないから受付さんに教えて貰いながらでしたが。

1人で退院で、防犯上現金で持ち歩いてなかったのでカード決済。
そして病院を後にしました。

疲れた、のかなぁ?
違和感以外の実感は無く帰路に。

退院後帰路にて

乗り換え駅近辺にある中華がゆの店で
やっと温かいご飯にありつきます。
朝食はパンだったので。

そして、なぜかたった2泊3日の間に頭をよぎり続けた
プリンをデパートで購入して…
やっぱり疲れてたんですね。

自宅最寄り駅からは
バスのタイミングが合わなかったので
サクッとタクシーで帰宅。

お疲れ様でした私。

どうでも良いけど
きっちり自分で夕飯も作りましたよ
なんだか、身体が落ち着かないとちゃんと食べたい質みたいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

-子宮内膜ポリープ手術体験談

Copyright© ウレル女BLOG , 2020 All Rights Reserved.