さらに詳しいみちるのプロフィール

三つ子の魂百まで

本を読むのが好き、翻訳本は苦手
お芝居(宝塚歌劇、東宝ミュージカルメイン よく質問がありますが劇団四季はほとんど観ません)が好き小さい頃からテレビで舞台中継を見てにたにたしていた
鉄道が好き 乗り合いバスも好き 観光バスは嫌い つまり公共交通機関が好き

以上3つを表す幼い頃の端的な事象として
わたしが生まれた時父は母に言ったそうな
健康面は任せる頭をつかうことは俺が教える(今考えるとなんちゅー父だ)
といったものの本を与えなければならない時期に一冊の絵本も買ってこず、母が用意したものには納得しない
ある日母はキレて…

訪問販売の子供向け百科事典を買った
もちろん父とは大げんか

ところがその百科事典が MyFirstBookとしてはとても良かったようで…

ぼろぼろになるまで読みつくしました。
そして
お気に入りのページは「えき」と「げき」

さてそんな私ですが…

こんな日に生まれました

パンダが最初に来日した、札幌オリンピックの、あさま山荘事件の あの年の生まれです。
あと1日母が私を胎内に残しておいてくれたら誕生日は4年に1度でまだ11歳です。

とどまるところの無い子供時代

三重県の小さな…いや面積はあるな、そんな人口密度の低い市で生まれ概ね名古屋育ち。
途中1年親の仕事の都合で遠方に転居し戻ってくる。
コレがねぇ、正直小学校高学年女子には辛かった。

少し救いだったのはこの頃宝塚を初めて劇場で観劇してます、まさかそれが今に至るまでの道のりのはじめだとは…それはまた別のお話。

そんなタイミングで父が入退院を繰り返すようになり
それが当たり前の日々を過ごすことになりました。
高校受験は見事に失敗し、滑り止めの私学女子校へ。

コレは結果として良かったなぁと思いつつ
もっと勉強しておきたかった、とすでに当時から思っていたモノのするわけもなく。

続く大学受験も失敗、しかし元々高校受験の段階で卒業後はデザインの専門学校と決めていたのでそれほど落胆はしてないが
学科の成績そのものは悪くなかったので先生方の「一般大学も受験を」のコールを振り切るのが大変でした。

図工2 美術3 からデザインの専門学校…無謀な奴だったと思います。
しかし1/4の卒業確率を無事かいくぐり卒業。
無事小さなデザイン事務所に就職

仕事は楽しいけど自分のレベルの低さとパワハラモラハラセクハラに悩まされ2年で退職。

道は他にもあるはず

その後、転職を2回
基本的にはパソコンに入力する仕事。
父を亡くした年の年末退職
ここまでに
いわゆる「自分のホームページ」と当時としては珍しかった「宝塚を初めて見る人向けのサイト」を作成。
を立ち上げる
派遣社員として働き始めるも、契約終了間近に病に倒れ無念の契約終了。この間に

同居生活者を選ぶのはノリだったかも

このタイミングで「家でたいよねぇ」「この団地安くない?」ののりでフォッサマグナを超えて埼玉に引越し。
回りは「転地療法」的に考えていたがけどそううまく行くわけもなく…
でまぁ色々有りましたがやっと新しい一歩を踏み出せたかな?スタートラインが見えたかな?な感じです。
まぁ休み休みやってます。
お芝居がブレない軸足ですが、都内から神奈川に引っ越してきてチョット遠ざかりつつあります。
さらにねぇなぜか今埼玉にいます。
…なんでやねん!

買い物は通販が多いです

思えば両親が通販が好きだった。
理由を考えると

免許がない・サイズが特殊

これが大きかったのでは?
そしてそれはそのまま私に当てはまります。

いまでは、サイズ測りながら服を選ぶ
コーディネートを考えながら複数のサイトで買い物
などしています。

今のところ治らない持病

精神疾患です。
まだ、治る方法どころか原因もわからない病気です。
ただ、この病気が直接死につながるとしたら自殺となります。
ひたすら投薬と医師との信頼をもとにその道を選ばないようにするのが命を維持する方法です。
病気のためできなくなったことは多すぎてすでにわけがわかりません。
とにかくコマンドは常に
いのちをだいじに
です。

自分が何か見失わないようにFIGHTです。
ご静聴ありがとうございました。

2013年8月1日

Copyright© ウレル女BLOG , 2021 All Rights Reserved.